虫歯の治療

 

つめる

下の写真のように虫歯の範囲が比較的小さい場合、虫歯を取り除き、人工の材料をつめて機能、形態を回復します。

 

 

つめる材料に種類があるのでお選びいただく必要があります。

 

 

 

銀のつめもの

保険診療でできるつめものです。成分は金12%、パラジウム20%、銀50%前後、銅20%前後、その他インジウムなど数%が含まれています。 強度があり強い力にも耐えられますが、その反面かみ合う歯を削っていためてしまったりという欠点もあります。金属色で見た目が良くないので、見た目を気にされる方には不向きかもしれません。金属アレルギーの原因などにも関係することがあります。

metal inlay

 


 

 

金のつめもの  保険診療外¥40000(税別)

保険でできる銀の詰め物の欠点の見た目以外を改善した材料です。金を主成分(約70%)とし、化学的にも安定しており口の中でも腐食したりしませんので、金属アレルギーの心配もほとんどありません。金の柔軟さを残して機能に耐えうる硬さになっているのでかみ合う歯に対しても負担をかけない材料で精度も良好です。

goldinlay

 


 

 

セラミックのつめもの 保険診療外¥50000(税別)

見た目を気にされる方や金属アレルギーの方にオススメの材料です。強度は金属には劣りますが材料自体の物性の向上、接着技術の向上によりどんどん質を上げていっています。極端にかみ合う力が強い場合など以外は安定しています。

dental-fillings

 

 


 

 

 

かぶせる

虫歯の範囲が大きい場合、虫歯を取り除き、人工の材料でできた歯をかぶせて機能、形態を回復します。

 

 

銀のかぶせ(奥歯)

保険診療でできるつめものです。成分は金12%、パラジウム20%、銀50%前後、銅20%前後、その他インジウムなど数%が含まれています。 強度があり強い力にも耐えられますが、その反面かみ合う歯を削っていためてしまったりという欠点もあります。金属色で見た目が良くないので、見た目を気に される方には不向きかもしれません。金属アレルギーの原因などにも関係することがあります。

paracrown

 


 

 

金のかぶせ(奥歯)  保険診療外¥70000(税別)

保険でできる銀のかぶせの欠点の見た目以外を改善した材料です。金を主成分(約70%)とし、化学的にも安定しており口の中でも腐食したりしませんので、 金属アレルギーの心配もほとんどありません。金の柔軟さを残して機能に耐えうる硬さになっているのでかみ合う歯に対しても負担をかけない材料で精度も良好 です。

goldcrown

 


 

 

レジン前装冠(前歯)

保険でできる白いかぶせです。金属の上に前面はレジン(樹脂)をはりつけて歯の色を再現します。裏は金属で覆います。それなりの歯の色は再現できますが、着色、変色しやすく汚れもたまりやすかったりします。

 

zensou

 


 

 

ポーセレンメタルボンドクラウン(陶材焼付金属冠)  保険診療外¥100000

金属(主成分は金、白金)の上に陶材を焼き付けたかぶせです。色の再現性、耐変色、耐摩耗性、精密性に優れています。いろいろな加工も可能でほとんどのケースに使えるオールラウンダーです。

metabon

 


 

 

ジルコニアクラウン  保険診療外¥110000

ポーセレンメタルボンドクラウンの金属の代わりにジルコニアを用いたかぶせですので、金属は使用しておりません。ジルコニアは金属と匹敵する強度があります。金属アレルギーの心配もなく、高い審美性を持っています。ポーセレンメタルボンドクラウンに比べて、歯ぐきに黒い影を作らず、将来的に歯ぐきが下がったときなどに金属のラインが出ないので、審美的に有利です。

Zrcrown

 

 

 

 

神経を取る

根の中を掃除する

抜歯

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中