骨のコブ(骨隆起)について

 1月10日のNHKスペシャルで骨について特集されていました。骨が若さを保つための信号を出しているということがメインテーマだったように思います。その話の中で、とっても強かった自転車のアスリートが骨量が少ないため軽い衝撃で骨折してしまって選手生命を断たれたというトピックが紹介され、その原因についても触れられていました。骨は衝撃を受けるとその力に耐えれるように骨を増殖させる信号を出すのですが、自転車ばかりに乗っていると、自転車によって体重が支えられているので筋肉は鍛えられるけど、骨には衝撃が伝わっていないので骨を作らなくなってしまうということでした。逆に骨を作るためには骨に衝撃を与えるようにジャンプのリハビリをすると、骨が増えてきたというのです。驚きですね~!koturyuukiopemae
 でも、歯科医療従事者はもっと以前からそのことには気付いていました。それが右の写真のような骨のコブです。どうでしょう?明らかに変に骨が盛り上がっていませんか?何かの病気とか?生まれつきとか?
 これは骨に衝撃が加わっているために骨がそれに耐えようと増殖したのです。ここまで大きい方は稀ですが、その下の写真くらいのコブならあるという方は多いと思います。そしてその方々にコブができる理由をお伝えしてもほぼ自覚できていないという特徴があります。コブがある方は要注意です!骨に余分な衝撃が伝わっています。歯が残っている方の場合には歯を介して骨に衝撃が伝わりますので、歯にも余分な衝撃が加わっているということです。つめものやかぶせがはずれたり、歯が割れたり、虫歯や歯周病も発生しやすくなります。その余分な衝撃が何なのかを突き止めておかないと歯を失っていく確率は高くなってしまいます。

IMG_1846-1-480x320

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中