健康寿命

日本人の場合平均寿命と健康寿命の差が10年あるそうです。つまり、健康上の理由で日常生活に制限があるまま10年くらい生活してから死を迎えるというのです。大まかに言い換えると、寝たきりや介護が必要なまま10年くらいは生きるということです。

日本人はこの平均寿命と健康寿命の差が大きく、医療費や介護費が膨らむ原因になっていたり、介護するために健康な人の助けが必要となるとなってしまっているということです。好んで人の助けが必要な状態になる人はいないとは思いますが、介護状態になるということは自分も悲しいですが、周りにも迷惑をかけてしまうということを頭のどこかに置いて、自分の健康を守れていることだけでも世の中に貢献できているということを知っておくべきでしょう。

自分が不健康になってしまえばまず家庭が暗くなってしまいます。そこからいろいろな悪いスパイラルに落ち込んでしまいます。健康を損なってから健康を取り戻す労力よりも、健康を守っていく労力の方がはるかに少なくて済むことを、多くの方は気付いていません。歯科はその健康を守っていくための水先案内人です。 人生の最後の10年を比較したこんな動画がありました。あなたはどちらを選びますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中