日本人の歯に対する意識はまだまだ低い!

下の画像はとある番組で報道されていた内容ですが、予防意識が高いスウェーデンやアメリカに比べると80歳の時点で残っている歯の本数はまだまだ少ないんです。
番組の中でも触れられていましたが、その原因の1つは日本人は虫歯ができて痛くなったら歯医者に行くのに対して、外国人は予防メンテナンスをしに歯医者に行くという意識があるのです。もちろん、日本人の中にもそのような意識が高い人はいますので、そのような方のお口の中と、痛くなってから歯医者に来る人のお口の中では全く違います。
そして痛くなってから歯医者に来る方々は虫歯の治療が終わればもう歯医者に来なくてもいい、という考え方をお持ちなので、次も虫歯になってから来院されます。虫歯になってからなので、歯を削り治療になりますのでどんどん自分の歯は失われていってます。これはいつまでもできることではなく、最後はもう治療不可能となり抜歯になります。
これが虫歯で歯が失われていく典型的な例です。同じようなことが歯周病に対しても言えます。歯ぐきが腫れて痛いので歯医者に来て治療する。痛みが治まるともう歯医者には来るのはやめてしまって次に痛くなってから来院されます。歯ぐきが腫れるということはまた一歩歯周病が進んでしまっているのに、そのことに気付いていないのです。ですから、少しずつ歯周病は進行し、最後は抜歯になります。
そして、「歯医者は痛いから大嫌いだ」「歯医者は怖い」と仰られるのですが、それはご自分で痛くて怖い治療を選択してしまっているのです。自分で痛くて怖い治療を選択してしまわない方法は歯医者に予防とメンテナンスの意識をもって通うようにすることです。その場限りの治療では口の中にいる虫歯菌や歯周病菌に対する対策までは行われていないため必ずまた再発してしまうんです。いやな治療は選択しないようにしましょう!8020

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中