保険で奥歯を白いつめものにできますか?

 

当院でもこのようなご質問をいただくことがあります。
当院からの回答は、できる場合とできない場合がある、です。
奥歯は絶対銀!というわけではなく、できる限り白いつめものでつめるようにしています。
しかしながらある程度以上大きくなった、もしくは虫歯になった場所がつめた時に強度が出しにくいと歯科医師が判断した場合で保険治療を希望されている場合には、銀での修復をお願いさせてもらっています(自費ならセラミックのつめもので対応できます)。 保険治療で使える材料はプラスチックの仲間になるのですが、金属に比べると強度が落ちます。ただでさえ強大な噛む力が加わるところなので、プラスチックでその力を受け止めるにはある程度の条件が整っている必要があるのです。
こんな方もいらっしゃいます。「壊れてもいいから、また来るから、つめてもらえないか?」
保険治療では短期間における再治療というのは認められていないのです。つまり保険治療は最低限の期間はもつように治療することが求めらているのです。ですからこのようなご依頼は特別な事情がない限りはお断りさせて頂いております。

小さい虫歯なら白いつめもので保険で治せる可能性が高くなりますので、不必要に銀歯にならないためにもやはり定期的に歯科医院でチェックしておくことが必要です。

どうぞご理解いただきますようよろしくお願いいたします。(下の写真は保険外診療のセラミックのつめものです)

ethteticinlay

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中