レントゲン撮影の被曝量について

歯科ではレントゲンは虫歯や歯周病の診断の為に非常に有効なために撮影させてもらうことがよくあります。レントゲンを撮るときに気になることの1つに放射線の被曝量があると思いますので、今回は当院で使っているレントゲン機器の被曝量を取り上げてみたいと思います。

放射線被爆比較

 

当院ではレントゲンのデジタル化により被曝量をアナログフィルムの撮影によるものよりさらに小さくさせてもらっています。この図をみていただくとわかりますように、歯科でのレントゲン撮影による被爆は人体に影響を与えるほどのものではないと言うことがよく分かっていただけると思います。だいたいデジタル3D撮影1回で1日に自然から浴びる放射線くらいでしょうか。飛行機で外国へ渡航しようものなら、歯科でのレントゲン撮影の何倍もの放射線を浴びることになってしまうほどです。

正確な診断のためどうか安心してレントゲン撮影に協力して頂きますようよろしくお願いいたします。

(注)一般には3D撮影(CT)の方がパノラマ撮影よりも被曝量は大きくなりますが、当院でのCT撮影は必要最小限の部位に止めているためパノラマ撮影より被曝量は少なくなっています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中