ノンシュガーのコーラなら虫歯にならないか?

最近の健康志向でノンシュガーのコーラなどが市場に出回るようになりました。メタボ、糖尿病、虫歯など砂糖のとり過ぎにまつわる病気は沢山あります。今回は特に虫歯について。虫歯は砂糖を虫歯菌が代謝してできる酸により歯が溶かされてしまうことにより起こります。ということは、砂糖を含まないコーラなら虫歯にならない、ということになりそうですが・・・。

答えは・・・虫歯になるわけではないが歯は溶ける です。理由は砂糖がゼロで虫歯菌のエサにならずともコーラのような清涼飲料水の多くはそれ自身が強い酸性の液体だからです。虫歯菌の出す酸ではなく酸性のコーラ自身で歯が溶けてしまうのです。正確には酸によって溶かされた歯のことを酸蝕歯といって虫歯とは区別しますが、酸蝕歯になるともろくなり、すり減りやすく穴があいたりして歯がダメにしてしまいます。そこに他の食物によって砂糖が入ってくると容易に虫歯にもなります。

ノンシュガーだからといって油断してしまうと痛い目にあいます。正しい知識を持って美味しく飲みましょう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中