顎関節症の治療について

顎が痛くて口を大きく開けることができない、顎がカクカクするなどの顎の運動障害を主症状とする病気を顎関節症といいます。自分の指3本分くらい開くのを1つの目安として開きにくいかどうかを判断していきます。ずーっとこういう状態の人は諦めてしまっている人もいますし、常に違和感を感じながら暮らしている人もいます。tmd

歯科から顎関節症を治療する手段はスプリント(マウスピース)療法、認知療法、生活指導、投薬などが主だったものでした。それらを組み合わせれば、それなりに治っていくのですが、全身の歪み、拘縮の影響がたまたま顎関節に出ていると考えると今まで以上にスムーズに治っていくようになってきました。

当院では顎が開きにくくなって1ヶ月以内くらいの方ならその場か、もしくは2,3回の来院で元通り開くようになっていくことがほとんどです。昔から顎関節症だった人の場合は、顎の歪みが全身にまで波及している、もしくは全身の歪みが顎に影響してしまっていることが多いので、なかなかその場で大幅な改善が難しい場合も出てきますが(その場での改善にこだわり過ぎると好転反応が出てしまう可能性が高くなります)、ケアを続けていくと顎の歪みだけでなく全身の状態が変わってきますので、色々な体の不調が消えていきます。顎関節症の方はたいていその他にも体の不調を抱えていることが多いです。

顎関節症に関しては当院ではマウスピースを使わずに治ってしまうことがほとんどです。マウスピースを入れたけど、顎関節症が改善しないという経験をされた方もいらっしゃるかもしれませんが、マウスピース自体は適切な形を与えて調整すればかなりの効果を発揮することができます。一般的な歯科医院では歯から顎関節症にアプローチしようとする場合はマウスピースが第一選択となります。マウスピースによる治療自体は実績もあるし、比較的安全で効果が高いです。しかしながら、歯並びが悪く、かみ合わせが悪いから顎関節症になるとは限りません。歯並びかみ合わせは綺麗なのに顎関節症の人もいます。ということは歯並び、かみ合わせの悪さが顎関節症の原因ではないこともあるということです。このことの裏づけとして、顎関節症の治療は歯科の専売特許というわけではなく、歯を触ることができない整体、カイロ、鍼灸などの分野からもアプローチでき、きっちり治してくれてる先生方もたくさんいらっしゃいます。またカウンセリングで治ったり、栄養療法で治ったり、何もしなくても自然に治ったり・・・こうなると歯やかみ合わせだけが原因ではないのが何となくわかってきます。

当院では顎関節症、肩こり、腰痛、膝痛、頭痛などのあらゆる身体の不調は同じ原因で起こっており、たまたま顎に症状が出た人は顎関節症の病名がつけられるし、腰に症状が出た人は腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、ヘルニアなどという病名がついたりすると考えております。なので、顎関節症の治療で肩こり、腰痛なども楽になります。

顎関節症、肩こり、腰痛、膝痛、頭痛をはじめとしたあらゆる不調の共通の原因とは「身体の使い方が間違っている」ということです。何かのきっかけで、身体がそれまで以上にうまく使えなくなってしまうのです。その原因はまさに多岐に渡ります。身体の使い方、またはメンテナンスの仕方を知らない、教わっていないためにその歪みが日々蓄積してしまって、ついに爆発すると身体の不調があらわれます。正しく使って正しくケアすればいいだけなのです。世の中にはそのことを知らない人、知ってても面倒がってしない人がほとんどです。でも、そのことが次の重篤な病気へ進展させてしまう原因になってしまっているのです。

肩こり、腰痛などは立派な未病です。筋肉が硬いと、精神的ストレスの元になったり、血液、リンパの循環が悪くなったり、高血圧の原因になったり、ぎっくり腰、四十肩五十肩の原因になったり、歯ぎしり食いしばりの原因になったりなどなど。肩こりくらいと馬鹿にしてていてはいけません、身体がせっかく発してくれている信号を無視していては知らず知らずのうちに身体はむしばまれていきます。特にこういう不具合を頭痛薬や痛み止めを常時服用する事によっておさえている人は要注意です。その痛みを和らげることはできているのかもしれませんが、原因は残っているので、体は痛みを感じています。どこかおかしいんです。あくまで私見ですが、こういうことが積もり積もって身体のシステムが狂いはじめ、ケアを怠っていることのツケが回ってくるようにアレルギーをはじめとする免疫不全、自己免疫疾患などの難病が発生するのではないかと考えております。結局、口を守るためには全身を守らなければならないし、全身を守るためには口が健康であることが必要であるということです。

特に顎関節症については沢山のお悩み相談を頂いております。お悩みの方、当院での診療方針、セカンドオピニオンなどを知りたい方は「お問い合わせ 他」で無料相談もお受けしております。どうぞお気軽にご利用ください。